銀行のカードローンでも過払い金の返還請求はできるのか?

銀行のカードローンにおける過払い金を知る前に、過払いについて知る必要があります。過払いとは、利息制限法を超える金利が設定された場合に支払ったお金に対するものです。利息制限法では10万円未満の元本に対して金利20%まで、100万円未満で18%、100万円を超える場合には15%までの上限が決まりになっています。これを超える金利は過払いに該当します。
しかし、昔の利息制限法には罰則がなく、出資法に基づいた融資が頻繁に行われていました。出資法の上限は当時29.2%に設定されており、この金利で貸し出す消費者金融や信販会社が目立っていた事実があります。出資法が改正された後、本来の利息制限法が適用されるようになっています。
肝心の銀行のカードローンですが、そもそも銀行は利息制限法を超えるようなローンやカードローン借り換えの取り扱いがなく、消費者金融や信販会社よりも圧倒的な低金利が特長です。よって、銀行のカードローンで過払いが発生する例はなく、過去の返済に対する過払い金請求をすることはできません。
例外として、銀行側が誤って本来の契約内容とは違う金利に設定し、返済が行われた場合においては、請求が可能です。この場合には銀行に直接本人が問い合わせることで、直ちに対応してくれますから、弁護士や司法書士の力を借りなくても、過払い分のお金を取り戻すことができます。
ちなみに、現在の消費者金融や信販会社なら利息制限法を超える金利設定はしませんので安心しましょう。