アルコールを摂取すると血管はどうなるのか

アルコールを摂取すると、体がぽかぽかとしてきますね。実は摂取した場合、血圧自体は一時的にさがって、脈拍は増えている状態です。顔が赤くなっている場合にも、血圧は低下しており、脈拍は増えています。これは、アルコールを代謝する時にできるアセトアルデヒドが血液の中に増えて、血管を広げるために起こります。
マイナスなイメージが多いですが、この他に善玉コレステロールを増やす作用もあり、飲み方によっては血液を固まりにくくすることもできます。
ですが、長い間摂取をした場合は逆に血圧をあげてしまい、高血圧症になってしまうことがあります。1日にビールであれば大瓶1本、ワイン2杯、日本酒であれば1合飲んでしまうと血圧に影響が出てきます。また、お酒を飲むときには、カロリーの高いものを欲することもあり、夜遅くまで飲酒を行ってしまうこともある他、脂肪を吸収しやすくなるので、中性脂肪も増えてしまい、血液の状態はさらに悪くなっていきます。
アルコールにはプラスの面とマイナスの面があります。血液を固まりにくくするので、血管が詰まりにくくもなります。ですが、不整脈を起こすこともあるので、飲み方に注目すると良いでしょう。
血管年齢を下げる方法として摂取する場合は、ポリフェノールが含まれている赤ワインを選んだり、自分にとって適正な量を知ったりすることが大切です。過度の飲酒は血管を硬くするだけでなく様々な病気を引き起こすきっかけとなるのでほどほどに飲むようにしましょう。