オリコのカードローン キャッシングの金利はいくら?

オリコのカードローンの金利というのは、カードローンとしてはごく標準的ということができるでしょう。オリコのウェブサイトを見てみると、金利は次のようになっています。まず、利用限度額は最高で500万円であり、全体としての金利の幅は4.5%から18%とされています。しかし、実際のところどのような金利が適用されるかということに関して言えば、借入限度額に応じて金利が決まることになるのです。このあたりはどんなカードローン会社であっても同じです。
オリコの場合、限度額が30万円までの場合は、金利は15%から18%となっています。これをよく見てください。全体としての金利の幅は4.5%から18%と書かれているにもかかわらず、限度額が30万円までと比較的低く設定された人の場合は、4.5%などといった低金利の恩恵を受けられることは全くないということです。非常に高めである15%から18%の範囲内となってしまうのです。
そして、もう一つ分かることは、確かに高めの金利が適用されることになるけれども、その中でもやはり幅があることです。15%から18%という、間に3ポイント分の幅があります。
これはオリコのカードローンに特徴的な内容ではなく、ほぼどんなカードローン会社であっても似たようなものです。限度額が高くなればなるほど適用される金利は低くなる傾向にあります。かつ、その中でも金利には幅を持たせて書いてあることが普通です。

カードローン返済についても合わせて読んでいきましょう。

背中ニキビを 一週間で治す方法!

背中ニキビは、シャンプーのすすぎ残しや過剰な刺激による皮脂分泌、ホルモンバランスの乱れ、乾燥などが原因です。また入浴の際、湯船の温度が高いと必要な皮脂まで奪い取られてしまいます。一口に背中ニキビといってもその要因は、ひとそれぞれなので自分に適した改善法をみつけましょう。手っ取り早く一週間で背中ニキビを治したいかたはまずは、使用しているシャンプーを見直すことをおすすめします。シャンプーの成分が刺激となりニキビとなっている可能性もあるので肌に刺激の少ないタイプのものを選びましょう。これまで軽くすすぎをおこなっていたかたも、この一週間はとくに意識してすすぎをおこなってください。おすすめの製品は無添加でノンシリコンの製品です。一週間という短期間で背中ニキビを解決するには保湿も重要となってきます。ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの整肌成分が含まれているものが適しています。一週間で集中的に攻めのスキンケアしたいというかたには、ビタミンC誘導体がおすすめです。過剰な皮脂分泌を抑制するだけではなくニキビ跡にも効果があります。より手軽にケアできるよう化粧水をスプレータイプの容器に詰めかえてみてはいかがでしょうか。外からのケアも大切ですが、睡眠不足やストレス、食生活の偏りもホルモンバランスの乱れとなるので規則正しい生活習慣を心がけましょう。なかなか改善がみられないかたは皮膚科への受診をおすすめします。

アルコールを摂取すると血管はどうなるのか

アルコールを摂取すると、体がぽかぽかとしてきますね。実は摂取した場合、血圧自体は一時的にさがって、脈拍は増えている状態です。顔が赤くなっている場合にも、血圧は低下しており、脈拍は増えています。これは、アルコールを代謝する時にできるアセトアルデヒドが血液の中に増えて、血管を広げるために起こります。
マイナスなイメージが多いですが、この他に善玉コレステロールを増やす作用もあり、飲み方によっては血液を固まりにくくすることもできます。
ですが、長い間摂取をした場合は逆に血圧をあげてしまい、高血圧症になってしまうことがあります。1日にビールであれば大瓶1本、ワイン2杯、日本酒であれば1合飲んでしまうと血圧に影響が出てきます。また、お酒を飲むときには、カロリーの高いものを欲することもあり、夜遅くまで飲酒を行ってしまうこともある他、脂肪を吸収しやすくなるので、中性脂肪も増えてしまい、血液の状態はさらに悪くなっていきます。
アルコールにはプラスの面とマイナスの面があります。血液を固まりにくくするので、血管が詰まりにくくもなります。ですが、不整脈を起こすこともあるので、飲み方に注目すると良いでしょう。
血管年齢を下げる方法として摂取する場合は、ポリフェノールが含まれている赤ワインを選んだり、自分にとって適正な量を知ったりすることが大切です。過度の飲酒は血管を硬くするだけでなく様々な病気を引き起こすきっかけとなるのでほどほどに飲むようにしましょう。

納豆キナーゼの効果と摂取方法

納豆キナーゼとは、納豆のネバネバとした部分に含まれている酵素のことです。血管の壁に張り付き、血液の流れを妨げる血栓を排除する効果があり、血液の流れをサラサラとスムーズにする働きがあります。さらに、様々な生活習慣病の原因にもなる血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすのに役立つと期待されているのが特徴です。納豆キナーゼに期待できる病気の予防としては、心筋梗塞や脳梗塞、生活習慣病や便秘があります。血栓を排除することで血液の流れが良くなり、血栓症や動脈硬化をはじめ、命にかかわる心筋梗塞などの予防に繋がります。さらに脳梗塞の原因としてあげられる、血中コレステロール値の上昇を抑えてくれます。活性酸素の発生を抑える抗酸化作用もあるとされ、代表的な習慣病である糖尿病や高血圧の予防が可能です。さらに、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことから、腸内環境を整えてしつこい便秘を解消してくれます。納豆キナーゼの血栓を排除するなどの効果を期待する場合、納豆を1日50g程度摂取することが必要です。50gは納豆1パック程度の量なので、毎日1パックを目安に食べましょう。納豆を食べた時の効果は持続性があるのが特徴で、食べてから最大で12時間程度は効果が続きます。そのため、毎食でなくても構いませんが、毎日食べた方が効果を得られます。心筋梗塞は朝の方が起きやすいとされているので、心筋梗塞の心配がある場合は夜に納豆を食べることをおすすめします。

銀行のカードローンでも過払い金の返還請求はできるのか?

銀行のカードローンにおける過払い金を知る前に、過払いについて知る必要があります。過払いとは、利息制限法を超える金利が設定された場合に支払ったお金に対するものです。利息制限法では10万円未満の元本に対して金利20%まで、100万円未満で18%、100万円を超える場合には15%までの上限が決まりになっています。これを超える金利は過払いに該当します。
しかし、昔の利息制限法には罰則がなく、出資法に基づいた融資が頻繁に行われていました。出資法の上限は当時29.2%に設定されており、この金利で貸し出す消費者金融や信販会社が目立っていた事実があります。出資法が改正された後、本来の利息制限法が適用されるようになっています。
肝心の銀行のカードローンですが、そもそも銀行は利息制限法を超えるようなローンやカードローン借り換えの取り扱いがなく、消費者金融や信販会社よりも圧倒的な低金利が特長です。よって、銀行のカードローンで過払いが発生する例はなく、過去の返済に対する過払い金請求をすることはできません。
例外として、銀行側が誤って本来の契約内容とは違う金利に設定し、返済が行われた場合においては、請求が可能です。この場合には銀行に直接本人が問い合わせることで、直ちに対応してくれますから、弁護士や司法書士の力を借りなくても、過払い分のお金を取り戻すことができます。
ちなみに、現在の消費者金融や信販会社なら利息制限法を超える金利設定はしませんので安心しましょう。

キャッシングの返済方法は無理せず選ぶ

キャッシングで借入れたお金は、もちろん返済しなければいけないわけですが、その際の返済方法に関しては、自分で選択することができます。カード会社や業者によっても異なりますが、基本的に一括払いかリボ払いのいずれかとなります。
一括払いに関しては、借入れた翌月に全額を返済することになります。したがって、支払い利息は最小限に済むので、可能であれば一括で返済したところです。
一方でリボ払いに関しては、支払う金額を自分で指定することができます。最低支払い金額以上であれば、自分の好きな金額で返済することができるのです。例えば、最低支払い金額が5000円であれば、最低の5000円でもいいですし、あるいは8000円や1万円でも構わないのです。
ただ、リボ払いはどうしても返済までに期間を要することから、一括払いよりも支払う利息が多くなってしまいます。そのため、あまりリボ払いは利用しない方がいいイメージを持つかもしれませんが、あくまでキャッシングの返済方法は、無理せず選ぶことが重要なのです。
もしも、無理に一括払いをした場合、またお金の方が苦しくなって、再度キャッシングを利用してしまう可能性もあるわけです。それを繰り返すと、結局リボ払いを利用するよりも多くの消費者金融審査甘い金利を支払うことになってしまいます。それだったら、最初から無理せず返済をした方がいいのです。
お金に余裕があれば、残りを一気に返済することもできるので、あくまでも自分に合った返済方法を選ぶようにしましょう。